×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◎虫歯はなぜできるの?


●口の中の酸性化
 虫歯が出来るのは、口の中が酸性になり、歯のカルシウムが溶け出す為です。

●プラーク(歯垢)の付着
 プラーク(歯垢)は歯にこびりついたネバネバですが、食べ物のカスでは
ありません。食べ物に含まれる糖分や炭水化物が細菌によって分解されて
出来た物質(細菌の塊)で、このプラークのほとんどが虫歯菌(ミュータンス菌)です。


◎虫歯になりやすい人となりにくい人がいる?


●虫歯になりやすい人
 @ 歯の質が弱い
 A 歯の形、歯並びが歯垢の付きやすい状態になっている
 B 細菌(ミュータンス菌)がもともと多い人
 C 薬やその他、身体的な理由で唾液が少ない人

●虫歯になりやすい歯
 @ 大人よりも子供の歯
 A 前歯よりも奥歯
 B 上アゴよりも下アゴの歯
 C 奥歯は下の内側と上の外側

●虫歯になりやすい時期
 @ 酸をつくるミュータンス菌のような虫歯菌を減らす
 A ダラダラ食べ続けたり、不規則な間食はやめる
 B 唾液の分泌をよくする

●虫歯にならないようにするには?
 @ 定期的に歯医者に通いプラーク(歯垢)や歯石をとる
 A 歯磨きを習慣化する
 B 歯ブラシを選ぶ
 C 食べ物をよくかんで唾液を出す
 D 規則正しい食生活をする
 E フッ素を利用する(フッ素の入った歯磨き剤の使用など)